BLOGブログ

お知らせ

髪の洗い方おさらいしませんか👩?

みなさんこんにちは!

季節が夏から秋になり髪の抜け毛が気になる方が多いのではないでしょうか?

季節の変わり目は、多い場合で200〜300本の抜け毛が生じます💦

1日あたりの抜け毛本数は、50〜100本までが正常だと言われています💡

毛は日々生まれ変わりを繰り返しているため、この範囲内であればとくに問題はありません😃

 

今日は、髪や頭皮のために正しいシャンプーの仕方からドライヤーまでのポイントをご紹介したいと思います!

毎日するシャンプーのポイントをちょっと意識するだけで、髪がキレイになり、かゆみやフケ、薄毛の予防になるので、おさらいをかねて読んでみてほしいと思います(^-^)

 

 

ひと手間だとは思いますが、シャンプー前にブラッシングをすることで、大体の汚れが落とすことができ、シャンプーの泡立ちが良くなります!

38度ぐらいのちょっとぬるめのお湯でしっかり濡らします。

熱い湯で髪を洗うと必要な皮脂まで落としてしまい頭皮の乾燥の原因になります((+_+))

指の腹でシャンプーをするように予洗いをします。

 

次に、シャンプーを適量手に取り、髪の中間~毛先のあたりにつけて空気を含ませるように泡立ててその泡を頭皮に馴染ませて洗います。

シャンプーをいきなり頭皮につけると部分的にたくさんついてしまいすすぎ残しの原因になってしまいます。

しっかり泡立っていないと髪や頭皮の汚れはしっかり落とすことができません。

きれいな髪は、きれいな頭皮から生まれてくるのでしっかり泡立てて洗ってほしいです★

もし泡立ちが悪かったらシャンプーを足すのではなく一度すすいで、もう一度予洗いをして先ほどのように泡立てて髪、頭皮を洗います。

洗う順番はフェイスラインを細かく洗い→頭頂部後ろの順で洗うとくまなく洗えます。

 

すすぎはすすぎ残しのないようにしっかりとするのが重要です!
洗いにかけた時間×3倍の時間をかけてすすぐとしっかりすすげると思います。

耳周りや、もみあげのあたりがすすぎ残ししやすい部分になるのでよりしっかりすすいでください。

 

軽く髪の水分を取ってトリートメントを適量毛先を中心的につけて、目の粗いコームでとかしてあげると髪の毛1本1本になじむので、手グシでつけるよりトリートメントの効果を発揮させることができます。

そしてシャンプーのときのようにしっかりすすぎます。

 

シャンプートリートメントが終わったら髪の水分をしぼり、根元を中心にもみ込むようにタオルドライをし、毛先をやさしくタオルドライするとドライヤーの時間が短縮できます!

そしてできれば、目の粗いコームでとかし、アウトバストリートメントを中間~毛先につけてまたコームを通してあげるとしっかりなじみます。

 

乾かすときは少し下を向き後ろから根元をしっかり乾かします。

風は上から下に向かって乾かし手グシで少し引っ張りながら乾かすとまとまりがあって根元がふんわりとした感じに仕上がります(^-^)

根元をしっかり乾かすと中間毛先の髪は大体乾いているので短い時間で乾ききると思います。

乾いた後もドライヤーを当て続けると、乾燥しパサつきの原因になるので気をつけてください。

全体的に乾いたら冷風でキューティクルを整えて湿気をとばして終了です!

 

いかがでしたでしょうか(^○^)?

全部取り入れるのは難しいかもしれませんが、少し意識してシャンプードライをするといつものシャンプーでもいつもよりキレイな髪に仕上がると思います(^-^)

 



 

SHAREシェアする

ブログ一覧

HOME > BLOG > 髪の洗い方おさらいしませんか👩?

〒921-8005
石川県金沢市間明町1-235
© Sunbath bijou